せらちゃんノート

日々の出来事から

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします.

一陽来復、少し遅くなりましたが、皆様新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 毎年、明けて二日頃には、初もうでを兼ねて新年の小倉城を眺めに妻と一緒に歩いて出かけるのですが、はて今年はどうしたものだろうかと...
日々の出来事から

暴力団事務所跡地が全世代型福祉拠点となる希望-村木厚子さんらが登壇してシンポ

北九州市の指定暴力団工藤会本部事務所跡地に、生活困窮者支援や子どもたちの居場所づくり、高齢者への支援など全世代型の福祉拠点を創ろうという取り組みが始まっています。名付けて「希望のまちプロジェクト」。 12月19日には、その検討会シンポジウ...
北九州市議会

年末に向けて新型コロナウイルス感染症対策を強化。防御の難しいところを突かれた北九州市での対応続く

東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が12月17日に822人と過去最大数となりました。あり得るものとは考えていましたが、やはり衝撃です。同様に過去最大数となった各県も多く、全国的に感染が急拡大している様子がうかがえます。 さてそこで...
日々の出来事から

菅政権の評価は?城井衆議院議員などと訴え

(私がミスして、ここしばらくの記事更新ができていませんでした。なんとまあ間抜けなこと。相変わらずのアナログ人間であることを痛感しました。お詫び申し上げます。) 福岡10区(小倉北区・小倉南区・門司区)を地元とする城井崇衆議院議員と...
北九州市議会

ポストコロナの新しい空港ビジョンを描くべきー北九州市議会空港特別委員会

北九州市議会の北九州空港機能強化・利用促進特別委員会が11月6日に開かれ、同委員会で検討している「空港運営の民間委託化」について、参考人としてお招きした㈱MK総合研究所・所長の幕亮二氏から講演をしていただきました。 幕氏は、これまでも数多...
小倉・小倉城・久女さん

小倉城竹あかりの点灯式―SDGsの理念を活かした秋のイベント開会

北九州市観光のシンボル・小倉城に、小倉南区合馬の竹林から切り出した竹灯籠に点灯し、秋の小倉城のにぎわいをつくろうというイベント「小倉城竹あかり」の点灯式が10月31日に行われました。第二回目のことしは、昨年から倍増の3万個の竹灯籠を...
北九州市議会

 高齢者の命をまもる対策を強めようー12月補正予算で、ハ―トフル市議団が北橋市長へ提案要望

北九州市議会ハートフル議員団は、北九州市議会12月定例会に提案される予定の補正予算に、今後、秋冬の新型コロナウイルス感染症再拡大に備える対策をぜひ盛り込んでほしいと、北橋健治北九州市長に対し10月29日に 提案要望を行いました...
北九州市議会

苦闘するギラヴァンツ北九州―スポーツ議員連盟が応援

北九州市議会にはスポーツ議員連盟というものがあって、中心的な活動として北九州市のプロサッカーチーム・ギラヴァンツ北九州の応援を続けています。 昨年、J3最下位から優勝を果たし、見事J2に復帰すると、前半戦を何と首位で折り返す大...
日々の出来事から

久しぶりの町内行事-校区一斉美化活動

秋の恒例行事として毎年全国的に行われる一斉清掃美化活動。今年は新型コロナウイルス感染症のため、中止を余儀なくされる地域も多いと聞いています。それでも北九州市では、新型コロナウイルス感染症が、ようやく落ち着きを見せている(直近一週間の人口10...
北九州市議会

苦闘する福岡空港運営会社 北九州空港は自力で利活用拡大の模索を 市議会特別委員会

現在は国の空港である北九州空港で、空港運営権を民間に売却して移管するコンセッション方式を導入することが適当かどうか、私も所属する北九州市議会北九州空港機能強化・利用促進特別委員会では様々な角度から調査研究を続けています。 10月1日には、...
タイトルとURLをコピーしました